チャットレディは出会えるものだと思っている男性客

ラインIDやスマホアドレスを聞いてくる男性のパターンとは

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

当記事では、チャットサイトにいるチャットが目的ではなく、出会いが目的で利用している男性客の対処方法などについて細かく解説しているので、あなたのこれからのチャットレディライフに役立ててください。

完全に出会いのサイトだと勘違いしている

チャトレサイトには、チャットレディをやっている女性との出会いを求めているユーザーもいるので困ったものです。

出会い系のマッチングアプリでもないのに、女性と男性が出会えるサイトだと勘違いしてやっている人も中にはいるのです。

チャットサイトなんて見ればすぐわかりそうなものですが、それでも女性との出会いができると本気で勘違いしているチンコの化身みたいな男性がいるのですw

そのため、チャットレディの音声通話がはじまってすぐとか、チャットにログインしてすぐに、スマホのメールアドレス教えてくださいとか聞いてきたりするのです。

ですが、これは男性ユーザーにライブチャットを紹介している一部のメディアも悪いのです。まるで、出会いの場であるかのような宣伝をしているから勘違いする人が増えてしまうのです。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

そういった広告を見た男性は、このサイトを使えば女性と出会えるんだと勘違いしてしまいます。

以上のような流れがあるからこそ、出会い系サイトだと勘違いしてしまって、テレビ電話をかけていきなり、セックスしませんか?などと度肝を抜くようなことを聞いてしまったりするんです。

すべての出会い目的のお客さんがこういったサイト経由で入ってきている訳ではありませんが、ほとんどこういったウェブサイトが影響しているといえるでしょう。

チャットレディと出会えると思っている男性のパターン

ここからは私が実際に体験したエピソードを紹介していきたいと思います。

これからチャットレディをやる人も、すでにこういった体験を経験済みの人も、参考程度に読んでいただければうれしいです。

初対面なのに彼女になってほしいと懇願される

テレビ電話なり音声通話なりがはじまるなり、僕と付き合ってください!なんていってくる人はたまにいます。

チャットでいきなりこういうことを聞いてくる男性は、チャトレがお金を稼ぐためではなくて、彼氏を探すためにやっているのだと思って、どういう男性がタイプですか?などとも聞いてきたりします。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ラインやってませんか?といきなり聞いてくる男性客

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

ライン交換してください!といって、最初の文面に自分のラインIDをつけて送りつけてくる人もいるくらいです。

ライン交換や直接アドレスなどを交換したがる男性というのは、あまりポイントを消費したがらないケチな男性が多いので、音声通話やテレビ電話をかけてまで連絡先を聞いてくるということはありません。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

いきなりお誘いのメールを送ってきて、音信不通になるような相手を、相手にしていたらきりがないですし、心がやんでくると思うので、気にせず他の男性とのチャットを楽しみながら稼いでいきましょう。

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私の場合はすぐにお断りしているのですが、すごい人になると、思わせぶりな態度をみせて、何十回もメールのやりとりをしてしまう猛者もいるといいます。

男性のあそこを見せてくる客

自分のチンコが大きいと思っていて、それを女性に見せれば、惚れてくれると思っている男性は意外と多いのです。

いきなり自分の勃起させたあそこを送りつけ来てほんとに好かれると思っているのでしょうか。女性からしたら、甚だ理解に困ります…。

男性器をみせつけることにより、女性からの支持がえら得ると、連絡先を交換してくれてデートしてくれてセックスしてくれるかもしれないと本気で思っている男性が世の中にいるのも笑える話ですw。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

会えることを確信しているかのような人

チャットレディをしていて、何回かチャットをしていると、会えるかのような質問をしてくる男性がいます。たとえば、セックスの時は攻める方がすき?とかです。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

こういった男性をうまいこところがしていければ、上手に稼いでいくことができるかもしれませんが、男性を転がすことが苦手な人もいるでしょうから、すぐに断ってもいいと思います。

下心モロだしの男性客

アダルト行為というのは本来はチャットをしてくれているという対価で見せるものですが、なかにはケチな男性もいて、自分だけに動画を投稿してくれなどと調子のいいことをいってくる人もいるので気をつけましょう。

こういう男性にたとえば、きちんとアダルトな行為をした動画を送ったとしても、次からチャットにログインして、稼がせてくれるのかと思いきや、全くそんな気配もなく、メールでポイントをケチりながら、次の動画をおくってくれなどとのたまってくるので、最初から相手にしないようにしましょう。

チャットレディは自分の肌を露出させて、脱いで男性を喜ばせている訳ですから、それなりの報酬がもらえなければ、損を被るだけなので、気をつけましょう!

唐突にセックスを持ち出してくるパターン

チャットレディで出会おうとしている男性というのは、すべてのチャットレディに上から下までメールを送って、なんとしてでも出会おうとします。

チャットレディのサイトを出会い系だと勘違いしている男性も多くいるので、出会い系サイトを使えばいいのにという論理は通じませんw。

大手のマッチングアプリなどの男女の出会いを提供しているサービスなどはいくらでもあえるのに、チャットレディサイトで出会おうとしているのです。

チャットレディがやると危ない行為

以下からは、チャットレディがライブチャットで、男性とやりとりを重ねる上で、メールやテレビ電話や音声通話でやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

なんとなくやってしまっている女性もいるかと思いますが、危険なのでやめましょう。

リアル世界であってしまうこと

物理的に男性客と会ったことがあるというチャットレディの女性の話を見聞きすることがありますが、これは正直危険な行為といえるでしょう。

実際の世界で男性ユーザーとあってしまったら、ネット世界で実際に会わなくてもいい危険なことをしなくてもいい副業だったのにもかかわらず、その最大のメリットが生かせませんよね。

チャットレディとお客さんという立場でいろいろな会話をしていくうちに仲良くなって打ち解け合うのはわからないでもありませんが、実際に会うのとそれとは違うと思います。

直アドは教えないように

直接アドレス交換やラインの交換などはしないようにしましょう。メリットは何一つありませんし、直接やりとりをしてもチャットレディとしての報酬になりません。

男性ユーザーにしつこくせがまれて適当な連絡先を交換しても、恨みを買うだけですし、そもそもチャットサイトは個人的な連絡先の交換を禁止しているので規約違反になります。

会える前提で引き延ばさないこと

ラインIDの交換やアドレス交換などの直接の連絡先の交換はもちろんやめておいたほうがいいですが、こうやって、あたかも会えるかのように見せるのもよろしくないと思います。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

ここ最近の引き延ばしテクニックでよく使われているのがコロナや緊急事態宣言をいいわけにした引き延ばしです。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直接アドレスを聞いてくる男性ユーザーの対処法

アドレスやラインを聞いてくる客に対して、どういった返答をするのが一番いい対処法なのでしょうか。

以下に私が毎日使っているテクニックを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

スタッフにいわないように忠告されてるという断り方

チャットレディにラインIDなどの連絡先を聞いてくる不届き者wには、スタッフに怒られると第三者の性にしておきましょう!!

男性客も、チャットレディにお誘いのメールを送るのにもポイントを消費しているので、最初に断りのメールがきたら、ポイントをケチってそれ以上はアタックしてきません。

チャットサイトの規約に書いてあるからと言う

直接的なスマホのアドレスやラインのIDなどは、ライブチャットの規約違反であり、禁止事項です。ライブチャットサイトによってはばれたら退会させられるところもあります。

外部からの圧力で断ってる感を出す!

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

スマホのアドレスやラインは教えてはいけません!

チャットサイトには、チャットレディと出会えるものだと勘違いして、連絡先を気安く聞いてくる男性というのがたくさんいます。

チャットレディをやっている女性も、いきなりお客さんが連絡先を教えてくれ!といってきたら、どう考えても教えることはないかもしれませんが、リピートしてくれる仲吉さんが教えてくれといってきたら、つい優しい心がでて教えてしまう可能性もあります。

ですが、チャットレディとしてライブチャットにログインしているわけじゃない状態で、男性ユーザーといくらやりとりを重ねたからと言って、誰かが報酬を支払ってくれるわけではありません。

チャットレディをやっている人のブログなどを見てみると、リアルに男性客と会ったことがある記事をかいていることがありますが、すべての男性ユーザーが善良な市民とはわかりません。よこしまな思いを持っている男性だっていることでしょう。

ライブチャットというのはもともとアダルトな傾向があるわけですから、そういう男性客と会うというのは危険な行為と言わざるを得ません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また他にもデメリットとして、一人のそういった軽率な行為が、他のチャットレディ全体にも及んでしまうと言うことがあります。

誰が一人が直接のアドレスなりラインIDなりを教えたりしてしまうと、男性客からしたら、あの子はライン教えてくれたのに、なんであなたは教えてくれないの?という風になりがちです。

会ったり、連絡先を教えてくれるのが当然だと思い込んだお客さんが増えることにより、チャットレディ全体として仕事がやりにくくなるということでs。

まだチャットレディをやったことがない人は、とくにチャットレディのルールなどはしっかりまもって、安心安全に稼ぎ続けましょう♪

しつこく聞いてくる男性客は強制退室を使う

なんども直接アドレスやラインIDなどは規約違反で教えられないといっているのにもかかわらず聞いてくる男性客は、ライブチャットのブロックという機能を使ってブロックしてしまいましょう!

ライブチャットで、何時間もチャットしてくれたり、メールを何十通もしてくれる人ならまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろなんていってくるひとは、即ブロックしてもかまわないと思います!

もしチャットレディが直接アドレスやラインIDなどを教えてしまえば、男性客はここぞとばかりに、チャットサイトを使わずに、あなたに直接メールを送ってくることでしょう。

チャトレの女性の連絡先を手に入れた男性にはメリットしかありませんが、教えてしまった女性からしたら、チャットサイト外で連絡を取り合っても意味がありません。

ライブチャットを経由しないで、いくら男性客とやりとりを重ねたとしても、誰かが報酬を支払ってくれるわけではないので、時間の無駄になってしまいます。

チャットレディが男性客と直接のアドレスなどを交換するのは、危険なだけではなく、時給をみずから捨てていることと同じです。

ライブチャットで出会えると勘違いしている男性客から連絡先を聞かれてもブロックするのは当然のことです。こういうお客さんをブロックしたところで収入が減るわけではありませんので、気軽にブロックしましょう。

チャットレディに出会いを求めてライブチャットに登録して、いろいろなチャットレディに連絡先を聞いている男性客を相手にしている理由なんてそもそもないんです!自分のことを気に入ってくれて、何時間でもチャットしてくれるようなお客さんとの時間を大切にすべきなのです!